看護師は勤務先によって年収にかなりの違いがあります。高収入を狙うなら、給与アップが見込める職場に転職するという手段もあるでしょう。比較的給与が高いのは老人ホームや大学病院での勤務です。特に老人ホームは高齢化にともない看護師の需要が高まっていて、常に人材不足の傾向があるため、給与は高めになっています。しかし、同じ介護施設でもデイサービスはパートが多く時間外勤務もないため、給与は低めであるといえるでしょう。

一方、大学病院はクリニックよりも収入は高めですが、学歴により格差があります。夜勤や残業があることも高収入の要因になっています。特に夜勤は看護師にとっての大きな収入源であるといえるでしょう。ですから転職の際には夜勤のひと月あたりの回数や夜勤手当の金額などは、忘れずにチェックしておきましょう。

さらなる給与アップをめざすための手段としては、資格の取得があげられます。「専門看護師」や「認定看護師」といった資格を取っておけば、管理職へのキャリアアップも狙えます。ただし、これらの資格の認定試験はかなり難しいので、相当な努力や向上心が必要になるでしょう。もしも介護施設で働くのなら「認知症ケア専門士」や「福祉住環境コーディネーター」などの資格も有効です。これらの資格はすぐに高収入に結び付くものではないかもしれません。それでも資格取得により看護師としての見識を深めることで今後のキャリアアップに役立つケースも多いです。高給与取得のための参考はこちらのサイトがおすすめです。